2019年01月01日

【新年のご挨拶】

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は当連盟事業にご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、滋賀県で二巡目となる国民体育大会(2023年に国民スポーツ大会に改称。以下、国スポという))が、5年後の2024年に開催されます。

自転車競技は、2024年滋賀国スポの中でも残り少ない会場未決定競技です。
旧大津びわこ競輪場は取り壊され、トラック競技については現時点では県外開催を視野に入れた候補地選定が行われています。
ロード競技についても、未だ開催地が決まっていない状況です。
当連盟といたしましては関係箇所と協議し、出来るだけ早く会場を決定したいと考えています。

また、自転車競技場(競輪場含む)が無い日本唯一の県です。
5年後の開催に向けた選手強化も一般公道を使用したロード練習しか出来ない状態です。
そんな中、関係者が知恵を出して、選手たちに安心して強化練習してもらえる環境整備に努めてまいります。

ところで、話は変わりますが、来る3月17日(日)には地元のご協力を得て、滋賀県唯一の公道自転車ロード・レース「エールコーポレーションカップ第7回守山野洲川クリテリウム」を守山市服部町地先特設周回コースで、4月28日(日)には「第13回ワールドサイクル&ベックオンフェスタ2019」を東近江市ふれあい運動公園で開催いたします。
両大会とも現在参加者を大募集中です。
人気カテゴリーは早々に定員に達する可能性があります。
参加を検討されている方は、お早めにお申し込み下さい。
大会関係者一同、たくさんの皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

これからも、滋賀県自転車競技連盟主催事業にご理解とご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げまして、新年のご挨拶といたします。
posted by 滋賀県自転車競技連盟 at 16:03| Comment(0) | 事務局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: